平成27年所沢市議会議員一般選挙を終えて(雑感)

  • 【感謝】まずもって期間中の活動にご協力をいただいた方々、12年間お支えをいただいた皆様に改めて感謝申し上げたい。
  • 【得票数】個人の得票としては、当選順位は下がった(7位から13位)ものの、約300票ほど票を伸ばす(3,084票から3,340票)ことができた。結果としてよく健闘できたと考える。
  • 【投票率】全国的な傾向とはいえ、投票率は前回の41.26%から下回り、39.76%となった。4回の選挙を経験したが、良い意味でも悪い意味でも今回ほど「票が動いている」実感のない選挙は初めてだった。投票できる年齢が20歳から18歳に引き下げられたことも踏まえ、今後、市民がどう政治に関わっていくべきか、どう投票率を上げるのかについては、個人としても政治・選挙全般のあり方としても大きな課題を残したと考える。何らかの対応が必要だ。
  • 【政党化】市議会議員選挙にも政党化の流れが進んできた。固い組織をもつ公明党や共産党は別としても、政党の公認・推薦を受ける候補者が増加傾向にある印象だ。国とは異なる観点から地域の抱える課題を解決しなければならない地方政治において、このこと自体を歓迎すべきものとは考えないが、実際の選挙を戦わなくてはならない立場からからすると、考慮しなくてはならない問題でもある。政党に所属していないと「選択肢から外される」印象もあった。なお、数少ない純粋無所属候補としてはトップ当選を飾ることができた。
  • 【エアコン問題】選挙戦直前、いわゆる「エアコン問題」について、市長から、騒音が著しいとされる狭山ケ丘中学校と北中小学校にクーラーを設置するとの発表があり、この問題が著しく争点化されることはなかった。選挙戦直前まで市内の政治課題としてはこの問題一色という印象であったため、何となく「ぼやけた」選挙になってしまった。「エアコン問題」以外にも政治課題はたくさんあるにも関わらず、他について個人として争点化できなかったことは反省すべき点である。
  • 【期日前投票所】所沢駅東口にあった第2市民ギャラリーの売却にともない、期日前投票所の1つが西武車両工場跡地に変更された。これが投票率にどれだけの影響があったのかは不明だが、期日前投票所についてはもう少しあっても良いと考える。他自治体の状況等を参考にしながら、設置数や設置場所について検討すべきだ。
  • 【候補者】今回、定数33に対して40人が立候補したが、現職・元職・新人の区別を適用した場合の新人候補は7人。このうち、今まで一度も市議会議員選挙に出ていない人は5人。かつ5人のうち1人は元職員であり、今まで市議会・市役所と直接関わりがなかったと考えられる人は4人。投票率の低さも問題だが、候補者の少なさも問題と考える。良い意味では、議会報告会の開催をはじめとする議会改革の進展により市議会への参入障壁が高まったとも考えられるが、実際には、市議会議員という「仕事」が魅力的ではなくなったということだろうか……。昨今の地方議会(議員)に対する不信感や議員年金制度の廃止なども候補者減少の一因と考えられる。
  • 【インターネット選挙】インターネットを用いた選挙運動が解禁されたが、上手く使いこなすことができなかった。他の候補者の使用状況をつぶさに見たわけではないが、多くの候補者が街頭演説の告知やイメージとして活動状況を伝えるものに留まっていた。本来なら、有権者に政策をより深く理解してもらうためのツールとならなくてはならないはずだが……。政党丸抱えの国会議員選挙やスタッフの多い首長選挙ならともかく、ほとんどの段取りを本人がやらなくてはならない市議会議員選挙では、インターネット選挙に対応する事前準備も欠かせない。
  • 【公約】今回の選挙に際しては、今まで議会で発言してきた事柄に加え、「ワンランク上の住環境の整備」を公約に掲げさせていただいた。公約としては多少インパクトに欠けるかもしれないが、本市の魅力は首都圏にありながらも落ち着いた住環境にあると改めて感じている。実際に住んでいる方々のご意見を大切にして、小さなことから少しずつでも取り組んでいきたい。