都市計画道路東京狭山線について【平成27年12月定例会一般質問より】

東所沢周辺地域といえば、浄化センター跡地(東所沢和田)への株式会社KADOKAWAの進出や地下鉄大江戸線の延伸が何かと話題ですが、都市計画道路東京狭山線の整備についても地域の関心の高いところであり、地元選出の議員として、同路線の工事の進捗状況については毎年のように質問に採り上げています。


中村とおる 平成25年3月に堀兼工区(県道川越所沢線新開交差点から堀兼神社(北)交差点)が開通し、未整備区間は下安松工区(東所沢和田1丁目交差点から清瀬橋)のみとなった。現在の工事の進捗状況を伺う。

溝井建設部長 川越県土整備事務所に確認したところ、平成26年度より本格的な工事に着手しており、27年度には東所沢和田1丁目交差点の改良工事と1丁目地区の土留め基礎工事の2箇所、下安松地区では現在の道路の拡幅工事を施工しており、さらに土留め基礎工事2箇所を予定しているとのことだ。

中村とおる 平成25年9月に開かれた県による地元説明会では、下安松工区の供用開始時期を平成30年度としていたが、工事は予定通り行われているのか。

溝井建設部長 下安松工区は平成26年度より「首都圏を結ぶ幹線道路の整備」として県の主要な施策に位置づけられ、優先的な予算配分がなされており、工事は計画通り行われている。供用開始時期については、平成26年度から5年程度での完成を目指しているとのことだ。

中村とおる 清瀬橋で東京狭山線と接続する都市計画道路東村山3・4・15の2号の概要や現在の工事の状況、供用開始時期について確認したい。

溝井建設部長 同路線については東京都建設局北多摩北部建設事務所にて平成18年より事業を施行している。施行延長は清瀬橋から清瀬市のけやき通りまでの約930メートルで、道路幅員は18メートルとなっている。供用開始時期は平成29年度末を目指しているとのことだ。

中村とおる 東京狭山線の整備に伴って市が行わなくてはならない周辺環境整備もあろうかと考える。どのような認識をもっているのか。

溝井建設部長 下安松工区の一部は高架方式で施工され、既存の市道の上をまたぐ形となる。そのため、高架下において十分な高さを確保できない市道については高さを確保できる位置に道路を付け替え変えるため、県と協議を行っている。また、現在拡幅整備を進めている市道1-715号線(通称「馬坂」)については、馬坂の整備が先行して完了すると、抜け道として大量の交通流入が予想されることから、東京狭山線の開通時期に併せての完了を予定し、整備しているところだ。


 

都市計画道路東京狭山線「下安松工区」の整備進捗状況について

都市計画道路東京狭山線の下安松工区(東所沢和田1丁目交差点から清瀬橋までの区間)の整備進捗状況についてまとめておきたいと思います。

この件については、計画地の近所にお住まいの方々の関心も高く、私も平成17年12月定例会、19年3月定例会、20年12月定例会、21年12月定例会と、ほぼ毎年のように一般質問でとりあげています。

また、本年3月には安松小学校にて第2回目の地元説明会も行われたところです。

本路線は昭和35年・44年に狭山市・所沢市でそれぞれ都市計画決定され、下安松工区の用地買収は平成5年度より開始。21年12月現在で86%が買収済み、工事未着手の状態で現在に至っています。

昨年12月定例会での市の答弁を聞く限りでは、整備が遅れている原因は用地交渉の難航と崖地の道路構造の検討に時間を要したためとのことでした。(もちろん、財政上の問題や他の工区の整備状況も勘案してのことだと思いますが。)

2回目の地元説明会で提案された道路構造は、崖地部分を橋梁構造とし、東西に横断する2本の市道については、北側の1本は現状のまま東京狭山線を潜るかたちで、南側の1本は、現状では地面と上から降りてくる東京狭山線との間に十分な高さを確保できないため、北側に付け替えて潜らせる計画となっています。

また、昨年9月に開かれた第1回目の説明会で強い要望のあった清流苑出入口(新柳瀬橋北側)の信号機の存続については調整中。当該箇所に計画されていた中央分離帯は無くなる方向のようです。

東京狭山線は県道ですが、これと同時に拡幅整備が予定されている市道1-715号線(通称:馬坂)は、平成19年度に設計・測量を実施。今年度は税務署との用地取得にかかる事前協議を行い、来年度を目標に用地買収に努めていきたいとのことです。

東京狭山線や馬坂の整備・拡幅には地域の方々にも様々なご意見があるようです。私も今までと同様、皆さんのご意見などをお伺いしつつ、議会にて発言すべきことは積極的に発言し、行動していきたいと思います。

平成20年第4回(12月)定例会報告【一般質問その3】

都市計画道路東京狭山線の整備進捗状況について

中村とおる:
都市計画道路東京狭山線の整備進捗状況、とりわけ、国道463号から東川までの松郷工区と、東所沢和田1丁目交差点から清瀬橋までの下安松工区の整備状況について質問する。

この件については、平成17年12月定例会、19年3月定例会でも質問したが、再度の質問となる。

(1)平成19年3月定例会での部長答弁は「松郷工区については平成20年度末の完成を目指したい。下安松工区については用地買収率85%であり、南側が急ながけ地となっていることから、道路構造の検討を進め、引き続き、用地買収に努めたい」とのことだったが、松郷工区・下安松工区のその後の整備進捗状況と今後は。特に、松郷工区については国道463号との交差点の道路構造と供用開始時期、下安松工区についてはがけ地の道路構造について詳しくお答えいただけたらと思う。

(2)下安松工区については、去る9月25日、安松小学校で事業説明会が開催され、私も参加させていただいたが、地元の方々から
・がけ地の道路構造について
・清流苑の出入り口となる新柳瀬橋との接道部分について
・市道1-218号線、1-106号線との接道について
・交通量の予測について
等々の質疑・要望があった。この説明会以降の地元や県との協議は。

(3)東京狭山線に関連し、市道1-715号線、通称「馬坂」の整備について伺う。平成19年3月定例会での部長答弁は「基本的な線形等につき地元合意が得られたので、20年度以降に着手していきたい」とのことだったが、その後の状況は。

道路公園部長:
(1)所管する川越県土整備事務所に確認したところ、松郷工区については、平成21年3月末の開通を目指して鋭意努力している。国道463号との交差点は立体交差で計画されているが、これが完成されるまでは側道を利用した平面交差として供用を開始していく。下安松工区については、用地買収率86%、今後とも用地買収に取り組みたい。がけ地の道路構造は当該地に適した最良の方法を引き続き検討中とのことだ。

(2)要望等については今後も地元と協議を進めていきたい。

(3)予定通り19年度に設計・測量を実施した。今後は、他の事業の進捗状況をみながら、平成23年度を目途に用地買収に着手し、順次進めていきたい。

Posted in まちづくり. Tags: , , . 平成20年第4回(12月)定例会報告【一般質問その3】 はコメントを受け付けていません。 »