学童保育施設へのWi-Fi設置について【令和4年第1回(3月)定例会 質疑及び一般質問(その2)】

放課後児童クラブの充実は、前回の選挙公約の一つであり、おもに大規模化・狭隘化の解消に関する質問を定期的に行なっているが、今回は同施設におけるWi-Fi設置についてとり上げた。文部科学省が主導するGIGAスクール構想の進展にともない、今後、タブレットPCを活用した学習が増えてくると考えられるからだ。


中村とおる:学童保育施設におけるWi-Fi設置の現状について伺う。

こども未来部長:市内53施設全てにWi-Fi接続環境がある。

中村とおる:文部科学省が推進するGIGAスクール構想に基づき、児童に一人一台コンピューターが配布されているが、子どもたちのPCは学童のWi-Fiに接続可能なか。

こども未来部長:業務用のため、児童の接続は認めていない。

中村とおる:市内の小学校において、PCを使った宿題は出されているのか、今後はどうか。

学校教育部長:インターネット環境に配慮しながら、オンラインドリル等を活用している。今後も児童の発達段階や学習状況等に応じながら対応していくことになる。

中村とおる:子どもが宿題をやるために使える回線が必要になると考えるが、いかがか。

こども未来部長:低学年の児童が多いことや回線の確保などの課題もあり、今後、研究する。

中村とおる:子どもたちの体力を考えれば、帰宅が遅くなり、それから宿題をやり、結果的に就寝が遅くなって大変なのは、むしろ低学年の児童だ。放課後児童クラブに通う子ども達は、オンライン授業を受けれないこともあるようだ。1月12日の公明新聞によれば、鶴ヶ島市では昨年10月に市民から同様の相談があり、すでにWi-Fiが各施設に設置されたとのことだ。素早い対応であり、本市も速やかな対応を望む。