東所沢和田2丁目交差点への右折信号設置について

東所沢和田2丁目交差点の所沢市街から浦和方面に抜ける所沢青梅線部分には、右折レーンはあるものの、右折信号が設置されていないため、利用者より「直進車を待っていると、右折できない」「右折レーンがあるのに、なぜ右折信号がないのか」といった声がたびたび寄せられます。

質問では、同交差点における右折信号設置について市の見解を求めました。

市民部長の答弁は「信号機を管理している所沢警察署に確認したが、現状の信号表示のもとで、右折レーン上で滞留する車は多く認められないため、設置については見送るとの判断だった。市としても全体の交通量を勘案して判断したい」とのことでした。

この答弁を受けて、中村とおるは「滞留する車が少ないのは、右折信号が無く、交差点が使いづらいのが原因であり、車の多くは交差点を迂回するために、安松中学校西側の道を通っている。原因と結果が逆であり、地元や交差点利用者の意見を聞いていただきたい」と発言しました。

関係市が連携した総合的な視点でのまちづくりを 秋津駅周辺のまちづくりについて

※ かつて行なった一般質問より掲載します。データは若干古いものとなりますが、現状に大きな変化はないと思います(表)。

西武鉄道株式会社の発表によれば、2016年度の秋津駅利用者は1日のべ約8万人であり、西武線全線92駅のうち9番目の乗降人員を誇っています。

しかし、同駅は、所沢市と東村山市、清瀬市の市境にあり、こうしたことからか、本市には駅を中心としたまちづくりに関し、何ら計画的なものをもっていません。関係市との連携についても、個別課題を解決するための協議は断続的に行われているようですが、まちづくりをトータルで検討する組織や枠組みはないようです。

中村とおるは、駅を利用される方や周辺にお住まいの方の利便性向上はもちろん、予定されている北秋津・上安松区画整理事業や、これから行われるかもしれない下安松の市街地整備成功のためにも、まずは、関係市との連携を加速させ、秋津駅周辺のまちづくりや魅力づくりを図るべきとの観点から、同駅を中心としたのまちづくりの可能性と関係市の連携の必要性について質問しました。

経営企画部長の答弁は「(関係市との)意見交換など、まずは始めてみたい」とのことでした。

秋津駅周辺のまちづくりに関しては、西武池袋線とJR武蔵野線の相互乗り入れや、本市の管理する駐輪場が東村山市域にあり、不安定な運営状態となっていること等、すでにいくつかの課題も存在します。この問題については今後も発言を続けたいと思います。

放課後児童クラブ(学童クラブ)の狭隘化・大規模化の解消を

放課後児童クラブの狭隘化・大規模化が深刻です。本年度の待機児童数188は県内ワースト3[表1]、71人以上の大規模児童クラブ数14はワースト1[表2]。市内全48児童クラブの対定員入所率の平均は138.5%、200%を超えるクラブも9ヶ所存在します[表3]。

平成27年の子ども子育て支援法施行にともない、所沢市においても、国基準に従った児童クラブの適正規模(40人以下)と児童1人当たりの専用区画面積(1.65㎡:約1畳)が条例により定められました。しかし、これらを満たすことのできない状態が続いています。

市は「様々な方策により定員拡充に努める(こども未来部長答弁)」としていますが、まだまだ先が見えません。「保育園は所沢でお世話になったが、児童クラブの状況をみて、引っ越した」というお話を伺ったこともあります。

中村とおるは、定期的にこの問題をとりあげ、校舎を含む既存施設の有効活用や児童館に併設する児童クラブ(生活クラブ)の定員増、夏休み等長期休業中の一時預かりの実施、民設民営児童クラブの新設等、様々な提案を行ってきました。

なぜ余裕教室の有効活用が進まないのか理解に苦しみますが、今後も児童クラブ充実のため、引き続き積極的に発言してまいります。