ガバナンス研究科卒業!

少し(?)時間がかかってしまいましたが、無事卒業することができました。

gov02.jpg
ガバナンス研究科教授陣との記念撮影

gov01.jpg
師匠である村上順教授と

学位をとることだけが目的ではない大学院ですので、今後とも大学院の皆さんと一緒にがんばっていきたいと思います。

新たなスタートです。皆さんよろしくお願いいたします。

Posted in 徒然日記. Tags: . ガバナンス研究科卒業! はコメントを受け付けていません »

高橋利行先生のお話

大学院の院生・OBで組織する都市政治フォーラムの研修会・懇親会に参加。

政治評論家・高橋利行氏をお招きし、今後の政局等についてお話を伺う。

tsf_02.jpg
懇親会中も質問に答える高橋氏(写真左)

以下、メモ書き。
・日本に本当の意味での政党政治はないのではないか、というのが「大連立」を構想した渡辺恒雄氏の認識。実際、渡辺氏が現場で活躍していた時代、政党は離合集散を繰り返していた。
・政治は何をやるかが問題であり、枠組みが問題なのではない。
・次期総選挙での与党過半数割れ(96議席減)は現実的に不可能というのがマスコミ界の常識でもあり、小沢一郎氏の認識。
・自社さ連立政権時、菅直人厚生大臣は大きな仕事をした。政権交代が一気に実現できなくても大臣をとれば、政権担当能力を示すことができるはず(「全部とるのではなく半分とればよい」)。
・「大連立」で何をしようと約束したのかについては、わからない。選挙制度改革? 消費税? 憲法改正?
・政権担当能力=役人を動かすこと。

tsf_01.jpg
ビールを飲みつつも、難しい顔で資料を読む……

参考記事:「一か八か、半分とるか」いまだ燻る連立構想の火種

山崎候補を激励に

西東京市議選。ガバナンス研究科1期生、山崎英昭候補激励のため、選挙事務所へ。

yamazaki.jpg
ガバナンス研究科の仲間たちと一枚。左から岡さん、中村、山崎候補、田中墨田区議。

※公開日時:12月24日21時