市道1-715号線(通称:馬坂)の拡幅工事は来年3月に完成【12月定例会一般質問】

市道1-715号線(通称:馬坂)の拡幅は、初当選時より解決に努力してきた地元懸案事項の一つだ。工事完成間近であり、今回は「締め括り」の意味を込めて質問にとり上げた。以下、質問概要をご覧いただきたい。


拡幅工事中の馬坂中村とおる:市道1-715号線(通称:馬坂)の拡幅は、長年に渡る地元の懸案事項であり、都市計画道路東京狭山線下安松工区の整備と併せ、初当選した今から18年前、平成15年から機会あるごとに本会議・委員会において質疑・質問にとりあげ、職員の皆さんと議論を重ねてきた。本会議録を検索したところでは、計8回、(高橋晴夫道路公園部長、中隆道路公園部長、神田博道路公園部長、沖本稔建設部長、高橋巳喜次建設部長、溝井久男建設部長、嶋村照明建設部長の)7名の部長に答弁をいただいた。

平成9年に地元自治会より拡幅要望が提出され、関係者との協議を経て、平成23年度より用地買収が始まり、昨年度より本格的な拡幅工事が行われている。先月24日からは全面通行止となり、今年度をもって工事が終了すると伺っているが、工事概要や完成時期(いつから使えるのか)等について改めてご説明いただきたい。

肥沼建設部長:令和4年3月に完成予定。高低差に対応する大型の擁壁を整備するために既存の道路を削らなければならず、全面通行止となった。今回の工事が完成すると、全線において拡幅工事が完成することになる。

中村とおる:先月、当該路線の工事開始を知らせる看板を実際にみたときには、感慨深いものがあった。かつて、拡幅がなかなか進まないことに対してお叱りをいただいたこともあったし、逆に、拡幅に反対の方が我が家に来られ、滔々と持論を展開していかれたこともあった。私が小さいころ、馬坂は舗装もされていない砂利道で、雨の降った後など、空荷のトラックが後輪を空回りさせて立ち往生することもよくあった。鬱蒼とした斜面林を曲がりながら通る見通しが悪い道なので、小さな事故や運転手同士による小競り合いも絶えなかった。毎年のように下半身を露出した不審者が現れた時期もあって、「夜、女性がひとりで歩けない」と言われたこともあった。

一方、子ども心には、木々がつくり出す緑のトンネルと、その周囲にあった地元の講が管理する三峰山と榛名山の小さな社が自然の神秘を感じさせ、通るたびに「その先には違う世界があるのではないか」と思わせる不思議な道でもあった。

余計な話をさせていただいたが、私が議員となってからは、同路線について何かことが起こると、関係職員の皆さんは、現場に赴き、地元にも私にも真剣・丁寧に対応して下さった。工事のお知らせ看板を見て、改めて「行政は、時間はかかるが、言ったことは必ずやり遂げる」ということを実感した次第だ。

唯一の心残りは、私が議員になる以前、同路線拡幅のためにご尽力された諸星義助元議員と、長年にわたり下安松町内会の会長を務められ、拡幅用地唯一の実質的地権者であった中村博氏さんに整備されたきれいな馬坂を自らの足で歩いていただくことが叶わなかったことだ。

質問に入るが、馬坂を下るとグリーンヒルという静かな住宅街がある。整備が完了すれば、当然、ここに今よりも多くの車両が流入することになる。そのため、平成21年12月定例会の部長答弁通り、坂の整備と併せ、グリーンヒル中央通りに安全対策を講ずることになっていたと思うが、この経緯と今後について伺う。

肥沼建設部長:平成18年に地元自治会より要望書をいただいているが、それから10年以上経過していることもあり、庁内関係部署と調整し、あらためて地域の皆さまと協議を進めていく。


関係市が連携した総合的な視点でのまちづくりを 秋津駅周辺のまちづくりについて

※ かつて行なった一般質問より掲載します。データは若干古いものとなりますが、現状に大きな変化はないと思います(表)。

西武鉄道株式会社の発表によれば、2016年度の秋津駅利用者は1日のべ約8万人であり、西武線全線92駅のうち9番目の乗降人員を誇っています。

しかし、同駅は、所沢市と東村山市、清瀬市の市境にあり、こうしたことからか、本市には駅を中心としたまちづくりに関し、何ら計画的なものをもっていません。関係市との連携についても、個別課題を解決するための協議は断続的に行われているようですが、まちづくりをトータルで検討する組織や枠組みはないようです。

中村とおるは、駅を利用される方や周辺にお住まいの方の利便性向上はもちろん、予定されている北秋津・上安松区画整理事業や、これから行われるかもしれない下安松の市街地整備成功のためにも、まずは、関係市との連携を加速させ、秋津駅周辺のまちづくりや魅力づくりを図るべきとの観点から、同駅を中心としたのまちづくりの可能性と関係市の連携の必要性について質問しました。

経営企画部長の答弁は「(関係市との)意見交換など、まずは始めてみたい」とのことでした。

秋津駅周辺のまちづくりに関しては、西武池袋線とJR武蔵野線の相互乗り入れや、本市の管理する駐輪場が東村山市域にあり、不安定な運営状態となっていること等、すでにいくつかの課題も存在します。この問題については今後も発言を続けたいと思います。

COOL JAPAN FOREST構想の検討状況は?【地方創生に関する特別委員会その1】

COOL JAPAN FOREST 構想とは、株式会社KADOKAWAが旧所沢浄化センター跡地(東所沢和田)に建設を予定している施設(*1)を中心に、東所沢地域のまちづくりを進め、所沢の魅力である「みどりと文化」を活かしつつ、同社の情報発信力や企画力によって多くの人を呼び込み、地域活性化や産業振興につなげようとするもので、同社と所沢市との共同事業として進めているものです。

市議会は、2月9日、同構想の調査・研究を所管する地方創生に関する特別委員会を開き、現在の状況について担当課に説明を求めました。委員会では以下のことが明らかになりました。

  • 本年度中に構想の企画案を策定する予定
  • 株式会社KADOKAWAが行う施設建設については、平成32年の東京オリンピック・パラリンピックに間に合う完成を目指しており、平成29年に工事を開始し、平成31年に竣工する予定
  • 所沢市の対応としては、施設の完成にあわせて周辺交通環境の整備等を進め、完成後は同施設を活用した連携事業や広域的な観光連携等に取り組む
  • 構想の推進体制は、藤本正人所沢市長と角川歴彦株式会社KADOKAWA取締役会長がジェネラルプロデューサーとして構想全体の統括役となり、幅広い分野で活躍されている9名(*2)がアドバイザリーボードとして、構想の方向性や事業コンセプトに助言を行う
  • アドバイザリーボード会議では、主に図書館、美術館、博物館の融合施設である文化コンプレックスのコンセプト等について議論され、施設の機能やデザイン、内部空間のコンセプト等については、概ね了承されている
  • 株式会社KADOKAWAの事業担当者と所沢市の担当者で構成する推進会議TEAM STARTには、
    • 文化コンプレックスの規模を拡大した場合の容積率等の規制緩和の可能性
    • 東所沢駅前までの沿道について一体的なイメージでの街並み整備
    • コンポストセンター跡地へのバス停や駐車場の設置
    • 東川河岸の親水公園としての整備
    • 道路標識等への外国語表記の設置
    • 構造改革特区制度を活用したIT産業特区化の推進
    • 施設内への出張所や郵便局の設置
    • 図書館・美術館・博物館の公共運営化
    • 衛生センターの敷地の一部を活用した自由に通行できる「緑道」の整備

等が提案されており、それぞれの案について関係法令との整合性や本市施策としての有効性・実現可能性について検討を行っているとのことです。

年間200万人の来客数を見込む施設であり、今後の東所沢地域のまちづくりに大きな影響を与える構想です。大いなる期待をもつと同時に、関連施策への税金投入にはその有効性を判断しながら慎重に対応していきたいと考えています。

(*1) 書籍に関する製造・物流施設と図書館・美術館・博物館の融合施設(文化コンプレックス)のほか、ホテルや会議場、インターネットを活用したスクール等も計画されています。

(*2) 荒俣宏氏(作家)、隈研吾氏(建築家)、南條史生氏(森美術館館長)、松岡正剛氏(編集工学研究所所長)、後藤高志氏(株式会社西武ホールディングス代表取締役社長)、増田宗昭氏(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社代表取締役社長兼CEO)、山本マーク豪氏(コンティニューム株式会社代表取締役)、中川雅寛氏(株式会社乃村工藝社取締役)、川上量生氏(カドカワ株式会社代表取締役社長)の9名。