図書館全7分館一斉の指定管理者制度導入は「慎重」であるべき

3月定例会本会議最終日、市長提出議案「所沢市立所沢図書館設置条例制定について(PDF)」反対討論を行いました。

以下、計画停電が行われているなかで、一気に書き上げた討論原稿を掲載します(ということで、若干説明が足りないところもあると思います)。

議案第24号 所沢市立所沢図書館設置条例制定について反対討論を行います。

提案理由によれば、本条例制定は所沢市立所沢図書館新所沢分館の新設及び所沢市立所沢図書館分館等7分館に指定管理者を導入するために行うものですが、この後半部分、所沢図書館分館等7分館への指定管理者導入については、現状、反対せざるを得ません。

以下、その理由を申し上げます。

第一は、指定管理者導入の理由として、近年における図書購入費の減を背景とした将来における図書購入費の確保を挙げていますが、この財政的裏づけが明らかではありません。

ご承知のように、予算の策定には、今回より、枠配分方式ではなく、一件査定方式を採用しており、指定管理者導入による教育委員会予算の減が必ずしも図書購入費の増につながるというわけではありません。先日の議案質疑で桑畠議員の「今後、図書購入費を増やすのか」という質問に対し、財務部長が「そうは言っていない」と答弁した通りです。

第二は、指定管理者導入の決定過程が早急かつ杜撰な点です。今回、図書館分館と同時に指定管理者導入を行う児童館については、運営協議会にて3回の議論があり、導入の決定に至ったわけですが、法定の図書館協議会に諮られたのは2月、協議会に提出された資料にも議会との関わりについて「誤解を招く表現があった」とのことでした。また、私の「指定管理者導入について、教育委員会会議ではどのような議論があったのか」という教育長に対する質疑の答弁においても「図書館サービスの水準が落ちないようにしてもらいたい」という教育長ご自身のお気持ちは語られましたが、教育委員会会議に関しては、行われた日程のみのお答えであり、会議の内容は何もお話になりませんでした。

最後に、本件については、議会に「所沢市立所沢図書館設置条例について先ずは図書館ビジョンの作成をしてから、どのような図書館管理運営体制が望ましいかを市民の意見を聞きながら検討していただきたい」という陳情書も提出されているところですが、私のもとにも図書館を利用している多くの市民から不安の声が届いています。これらのなかには、陳情と同様、「今後の図書館に関する中長期計画を策定してから導入すべき」「7分館一斉の導入は不安」との意見もあり、私もまさにその通りだと思います。

もちろん、行政コストの削減は重要であり、喫緊の課題です。しかし、失ったコストは他の政策の実行から取り戻せるかもしれませんが、失った市民からの信頼を取り戻すのはなかなか難しい。コスト削減も大切ですが、市民からの信頼はもっと大切だと思うのです。ネーミングライツ、パークゴルフ場建設、公立保育園の民営化、中核市への移行、PFIの導入等、政策の「迷走」「ぶれ」が目立っている今だからこそ、その轍を二度と踏まないためにも、本件については「慎重であるべき」と考えます。

以上を申し上げ、反対討論とさせていただきます。議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げます。

採決の結果は、賛成:18票 反対:13票で可決となってしまいましたが、今後とも図書館の管理運営・図書購入費等の状況を注視していければと思っています。

和田小図書開放の充実について要望書を提出しました

和田小関係者のみなさんとともに和田小図書解放についての要望書を教育長に提出しました。

図書ボランティアの方々が中心となって平成17年から開放している和田小の図書解放ですが、利用する児童や蔵書が増えるにつれ、改善点も目立つようになってきたとのことです。

今回は、
1.移動式本棚の追加
2.震災時のために本棚の高いところに扉を
3.付き添いに来た大人の読む本を
の3点を中心に要望をさせていただきました。

2については本棚の構造的問題もあり、短期的には難しいようですが、1や3については対応可能とのこと。また、今後予定されている和田小の放課後開放についての意見交換も行ってきました。

松井地区は小手指地区とともに図書館分館の空白地区であり、松井小の児童図書館や開放型に設計された和田小の図書館、コンビニ図書取次事業を利用し、現在のところ図書の貸出・返却などの対応を図っているところです。

以前にも議会にて「公共図書館の役割は図書の貸出のみではない」との観点から図書館運営に関係した質問を行ったことがありますが、近年の教育委員会の(私の推測する)公式見解は「空白地域への分館整備の必要性や公共図書館の役割を認識はしているが、用地など物理的問題、あるいは財政事情などにより分館整備での対応は現段階では難しい」とのことです。

確かに分館の整備は必要であり、今後の課題ですが、この問題とは別に、保護者や地域の方々が中心となって創りあげた和田小の図書開放もこの地域の特色ある素晴らしい取り組みだと思っています。

今後とも様々なところでお手伝いできればと考えています。

平成17年第4回(12月)定例会報告【その1】

遅れましたが、12月定例会の報告です。

※ 一般質問
以下の質問を行いました。
・ 図書館運営の現状と今後について
・ 行政評価と総合計画について
・ 自治基本条例の制定について
・ 都市計画道路東京狭山線の整備進捗状況について

■ 図書館運営の現状と今後について
(中村とおる)
6月よりコンビニ図書取次事業が始まり、10月からは図書館に新電算システムが導入された。携帯電話からも図書の検索や予約が可能となり、貸出・返却業務についてはかなりの利便性が確保できたと思う。

また、少し先の話になるが、新所沢地区や元町北の再開発区域にも新たな図書館建設が予定されている。

図書(館)の利用拡大に関する施策については一定の評価ができると考えるが、それだけが公共図書館の役割ではない。今後はレファレンスサービスやビジネス支援の充実も公共図書館の担う役割として重要になってくる。

(1) コンビニ図書取次事業の利用状況と今後、来年度に予定されている移動図書館廃止との関係は?

(2) 導入された新電算システムの影響は?

(3) ビジネス支援について具体的にどう検討しているのか?

(4) 公共図書館としての所沢図書館の今後のあり方は?

(教育長)
(1) 6月から9月までの4ヶ月間で1ヶ月平均141件の利用があった。10月からは新電算システムの導入により10月と11月の2ヶ月で1ヶ月平均765件の利用があり、開始当初に比べ約10倍と大幅に増加している。移動図書館廃止に伴う代替事業としても拡充の方向で検討している。

(2) 携帯電話からも蔵書検索や貸出が可能となった他、検索速度が大幅に向上した。インターネットによる予約は16年度の1ヶ月当たり4,773件に対して、本年10月・11月の2ヶ月は1ヶ月当たり約10,300件で2倍を超える利用がある。これは、新電算システムに対して一定の評価がなされたものと考えている。

(3) 国も、公共図書館に期待される役割のひとつとして、地域経済の活性化に向けた中小企業、ベンチャー企業向けの情報発信を求めている。今後は、ビジネス関連資料、地域行政資料他の収集と情報提供、レファレンスサービスの充実をはじめ、ビジネス関係の情報センター化に取り組みたい。

(4) 市民への情報提供の宝庫として、また、文化を育て、起業家を芽吹かせ、次世代の人を育成する場として、さまざまなデータベースや図書資料が活用できるシステムづくりが必要と考える。将来に向けての図書館の可能性について調査研究を進めるとともに、単に本を貸し出す場所にとどまらず、市民の潜在能力を引き出し、社会を活性化させる図書館づくりを行っていきたい。

※ なお、12月14日より、所沢市の携帯端末対応ホームページ『モバイルところざわ』から蔵書検索ができるようになりました。

Posted in 文化・スポーツ, 議会活動. Tags: , , . 平成17年第4回(12月)定例会報告【その1】 はコメントを受け付けていません。 »