活動報告(3期目:2011年〜2015年)

国土交通大臣へ大江戸線の延伸を要望

当選後の初議会で市議会議長に就任しました(35歳)。議長交際費の公開や政治倫理条例の制定、地方自治法の改正により根拠がなくなってしまった議員定数の今後を考えるため、議会内に「議員定数のあり方に関する審議会」を設置しました

2012年4月には所沢市議会史上初となる埼玉県市議会議長会会長にも就任し、国への意見書のとりまとめや県行事への参加、役員会の開催などを行いました。遠距離の出張も多く、大変忙しい毎日でしたが、市外から所沢市をみることによって学ぶことも多い日々でした。

定例会では、市有地に集会所を所有する自治会が市に支払う貸付料についてとりあげました。自治会が自ら集会所用地を所有している場合や、民間から賃借している場合の土地の固定資産税は免除されるものの、市有地を活用している場合には貸付料を徴収している矛盾を指摘。その後、市の貸付基準が改められ、貸付料が半額となりました(ゼロにはなりませんでしたが)。

都営12号線(大江戸線)の東所沢駅への延伸については、東所沢9自治会長・駅周辺議員とともに国土交通大臣に直接要望しました。

【その他の活動】

  • 市区町村人材育成プログラム「東京財団週末学校」で講義しました。
  • 第25回自治体学会大会でパネリストを務めました。
  • 小中学校へのエアコン設置の是非を問う住民投票では設置に賛成の立場で議論しました。

活動報告(2期目:2007年〜2011年)

2期目当選後の初議会で市議会副議長に就任しました(31歳)。当時の議会改革は議会の「質の向上」というより「ムダの削減」に主眼がおかれており、秋田孝議長(当時)と相談し、議員が会議に出席する度に支払われる費用弁償(1日3,300円)を廃止しました。

ライオンズを応援する所沢市議会議員連盟有志による募金活動

2008年からは市監査委員として議会とは異なる立場から行政をチェックすると同時に、議会基本条例制定に関する特別委員会に所属し、同条例の成立に努力しました。ご承知の通り、議会基本条例の制定・施行はその後の議会改革のエンジンとなり、所沢市議会は2012年の全国市区議会改革度ランキングで全国6位(日本経済新聞社調べ)となりました。

定例会では土地開発公社の未収金(市の隠れ借金)問題を追求。2008年度に約68億円あった未収金を5年間でゼロにするため、市民や議会に何ら報告なく、年平均17億円を借金返済に充てていることを明らかにしました。また、埼玉西武ライオンズが日本一となり、同僚議員とともに「ライオンズを応援する所沢市議会議員連盟」を立ち上げ(副会長に就任)、所沢で優勝パレードを行うための募金活動も行いました。

2010年には選挙の際に掲げた会派マニフェスト「所沢サバイバルプラン」が第5回マニフェスト大賞「優秀賞」を受賞しました。

【その他の活動】

  • 東所沢9自治会長と要望書「東所沢エコステーション(現在の東部防災倉庫)跡に市民課サービスコーナー設置を願う件」を市に要望しました。
  • 愛宕山自治会館西側擁壁を整備しました。
  • 最高裁判決でも違法と判断された臨時職員へのボーナス支給を止めさせました。

活動報告(1期目:2003年〜2007年)

4月14日告示の所沢市議会議員一般選挙に際し、今までの活動内容の概略を順次ご報告します!


初めての一般質問(若っ!)

2003年4月、地元の皆さんのご支援を受け、初当選。まずは「地元が大切」と考え、比較的公共施設の少ない松井地区へ図書館や公園を整備することを訴えました。思い通りにいかないこともたくさんありましたが、松井小学校に地域開放型の図書館が設置された時や、下安松に地域集会所建設の補助金が決まった時は本当にうれしかったです。公園の整備については、現在、上安松に松戸橋公園の設置が計画されています。

卒業に際して大学院の教授陣と

総選挙にかかる選挙違反事件が起こり、同僚議員10名が逮捕・辞職する事件が発生。この事態を受けて、議会は「政治倫理規定に関する特別委員会」を設置。政治倫理条例制定を目指した協議が始まりました。中村とおるもこの委員会に所属しました。まだ議員になって1年も経っていませんでしたが、素案作成を担い、党派・会派を超えた多くの議員との合意形成に努めました。委員会の結論は内規の制定に留まるものでしたが、2011年に市議会議長に就任した際には、この内規をもとにした政治倫理条例を制定することができました。

さらなる知識や経験を得るため、母校明治大学の公共政策大学院ガバナンス研究科に入学。村上順教授に師事し、行政法を専攻。立法事実や法解釈における解釈者意思の重要性を学びました。村上先生には、議会基本条例制定に際しても、陰に陽にご助言をいただきました。

2006年には、1期生ながら、建設水道常任委員長に就任。多くの先輩方に支えながら委員会運営に尽力しました。

【その他の活動】

  • 捨て看板防止条例(案)を提出し、市民が捨て看板を撤去できる要綱が制定されました。
  • シンクタンク「構想日本」による横浜市経済局の事業仕分けに仕分け人として参加しました。
  • 清流苑「第二の橋」新設を市に要望しました。今年度完成予定です。