ヤオコー東所沢店南西側交差点の安全対策について〔令和4年第4回(12月)定例会 一般質問 その3〕

ヤオコー東所沢店南西側交差点〔中村とおる〕
市道2-1210号線と市道2-966号線が交差するヤオコー東所沢店南西側交差点の安全対策については平成27年6月定例会でも質問にとり上げた。

今までも種々対策を施していただいており、改善が図られているとは考えるが、現在までの取り組みについて改めてご説明いただきたい。

〔市民部長〕
所沢警察署と本市に対し、地元自治会より信号機設置に関する要望書の提出もあったが、現時点において設置にはいたっていない。こうしたことから、視認性を高めるための路面表示や安全確認用のカーブミラーを設置している。

〔中村とおる〕
ところざわサクラタウンがオープンし、同箇所の地域外の人々の通行が増えたことにともない、事故とまでは至らないものの「ヒヤリ」と感じる事象が増加しているようだ。Googleマップで東所沢駅からサクラタウンまでの徒歩ルートを検索すると、同交差点を通るルートが表示される。信号機設置を含め、さらなる安全対策が求められていると考えるが、いかがか。

〔市民部長〕
改めて所沢警察署に要望を伝えたが、信号機が設置されている交差点が東西にあることからその間に新設することは難しいということだった。これからも状況を注視しながら、引き続き、所沢警察署に設置を働きかけていく。

秋津駅周辺のまちづくりについて〔令和4年第4回(12月)定例会 一般質問 その2〕

〔中村とおる〕本件ついては、平成29年9月定例会、令和元年6月定例会、昨年12月定例会でも質問した。令和3年度の乗降人員が約6万5,000人。コロナ前は約8万人。西武鉄道全92駅中10番目の大変多くの方が利用される駅だ。駅周辺の質の高いまちづくりや魅力づくりは、近隣にお住まいの方の利便性向上はもとより、本市のPR、付近で行われている北秋津・上安松、下安松の市街地整備にも貢献できると考える。

一方、同駅は東村山市・清瀬市・本市にまたがっており、それぞれ市域を超えた総合的なまちづくりがしずらい状態にあり、西武鉄道とJR武蔵野線の乗り入れが進まない、駅周辺の混雑、交通安全上の問題、本市駐輪場が東村山市域にある等の課題を抱えている。

近年、本市の呼びかけにより、同駅周辺のまちづくりに関して3市による意見交換の場を設けるようになったが、その後の状況について伺う。

〔経営企画部長〕平成30年7月を最後にコロナ禍の影響等もあり意見交換は行っていないが、たとえば駐輪場など個別の案件についてはそれぞれの所管課が対応している。

〔中村とおる〕今後についてどう考えるのか。

〔経営企画部長〕現在は具体的な動きはないが、引き続き、必要に応じて連携を図っていく。

〔中村とおる〕本市が中心となって呼びかけることが難しいことは理解できる。秋津駅周辺で多くの面積を占めるのは東村山市であり、本市域は同駅北口の一部のみだからだ。しかし、現状のままで良いわけではない。駅周辺が3市にまたがろうとも、街という意味では一体的な圏域であり、街の発展について各市が一致して政策を展開することは、必ず周辺にお住まいの方々にプラスになると考える。

思い出すのは、かつて市内各駅にエレベーターが設置されたときのことだ。秋津駅をのぞく市内各駅にはエレベーターが設置されたが、秋津駅への設置はかなり遅れた。エレベーターの設置費用は、国・市町村・鉄道事業者がそれぞれ負担することとなっていたが、負担割合や設置時期について、3市の間に円滑なコミュニケーションが図れていなかったことが原因のひとつだ。こうしたことが無いように努力いただきたい。

東所沢駅南東地区の土地利用について〔令和4年第3回(9月)定例会 一般質問 その4〕

〔中村とおる〕
平成26年に東所沢駅南東地区が本市の街づくり基本方針に「土地利用転換推進エリア」として位置づけられた経緯と理由についてご説明いただきたい。

〔街づくり計画部長〕
同地区は東所沢駅から約500mの距離に位置していることや、都市高速鉄道12号線の延伸先が平成12年1月の運輸政策審議会で大泉学園町から「武蔵野線方面」へと答申されたこと等、交通利便性の観点から人口増や企業誘致等の可能性といったポテンシャルの高さをふまえ、将来的に新しいまちづくりが展開されるべき地区として位置づけたものだ。

〔中村とおる〕
「土地利用転換推進エリア」として位置づけられた後、現在までの同地区への対応や市役所における検討状況はどうか。

〔街づくり計画部長〕
産業系利用を含めた土地利用の方向を引き続き検討する必要があることから、令和2年に策定された都市計画マスタープランにおいて「土地利用検討エリア」として位置づけた。サクラタウンの立地や開智学園の開校(令和6年4月予定)、都市高速鉄道12号線が東所沢駅まで延伸することが交通政策審議会で答申されたこと等、駅周辺の土地利用は大きく変化しており、その状況を注視してきた。本年1月には地元地権者で構成される組織の方々と勉強会を開催し、地域のご意見も頂戴した。今後もこのような機会を通じて、ご意見を伺っていきたい。

〔中村とおる〕
先日、同地区の地権者や自治会関係者とお話しする機会があった。様々なご意見を伺ったが、改めて地域の関心の高さと期待を認識したところだ。同地域の街づくりをもう一歩進めるため、何か行なっていただきたいが、いかがか。

〔街づくり計画部長〕
まちづくりを進めるにあたっては、時代の要請や国・県・市のまちづくりの方向性等を考える必要がある。地権者をはじめとした方々の多くのご賛同も必要だ。また、都市高速鉄道12号線の延伸を見据えつつ、駅周辺と一体性をもったまちづくりも必要だ。今後も地域の方々との勉強会などを通じて検討していく。