第3回議会基本条例制定に関する特別委員会

午後、議会基本条例制定に関する特別委員会に出席。

委員会開会前には、市内在住で議会基本条例に詳しい廣瀬克哉氏(法政大学教授)と昼食をとりながらの懇談会が行われた。この懇談会には、特別委員会のメンバー12人に加え、10人ほどの議員が参加。様々な議論があったが、「議会基本条例を制定した栗山町では、何かあると行政ではなく、議会に相談に行こうという雰囲気になっている」という廣瀬先生の言葉が印象的であった。

委員会では、条文数の一番多い伊賀条例をペースに行われた作業部会での調査をもとに、条例に盛り込む項目について検討が行われた。

約4時間に及ぶ議論であったが、各項目について、委員間で忌憚ない意見交換ができ、所沢条例の大枠が見えてきたような気がした。

今後は作業部会にて具体的な条文の作成を行い、委員会全体に提示、委員会での議論を経て、9月定例会で第1次素案を発表する予定である。

議会運営委員会他

午前は議会運営委員会、午後は議会基本条例制定に関する特別委員会の作業部会に出席。

議会運営委員会では前定例会で問題となったいくつかの課題について協議が行われた。

約2時間の議論。ほとんどの問題は今までの慣例や申し合わせを確認することで一応の解決が図られたが、傍聴(者)への配慮や請願のあり方など、市民と議会が接する部分の問題についてはなかなか結論が出ず、今後へ積み残すことになった。

いずれにしても、前定例会で委員会のメンバーが変わり、委員長を中心に議会運営委員会が活性化してきたことは一歩前進。傍聴の方がいたことで、委員にもほどよい緊張感があり、議論が進む。本当にありがたいことだ。

午後の特別委員会の作業部会では、事前に振り分けた各テーマごとに各委員が調べたことを発表し、意見交換を行った。若手中心の作業部会だが、委員会が提出する条例素案の「たたき台(素案の素案)」を作成する大切な部会である。

慎重で十分な議論を行うことはもちろんだが、委員会において「条例の提案を3月議会を目途とする」ことが確認されていることから、議論のスピードにも十分気をつかい、今後の委員会活動に臨んでいきたい。

平成20年第2回(6月)定例会報告【議会内人事他】

【議会内人事】
議長:小川京子(公明)
副議長:水村篤弘(民主)
を選出。

各委員会の正副委員長は互選の結果、以下の通り。
議会運営委員会
委員長:安田義広(翔) 副委員長:島村省吾(市民ク)
総務常任委員会
委員長:大石健一(市民ク) 副委員長:菅原恵子(共産)
教育福祉常任委員会
委員長:小林澄子(共産) 副委員長:石井弘(自民)
市民環境常任委員会
委員長:赤川洋二(民主リ) 副委員長:福原浩昭(公明)
建設水道常任委員会
委員長:村上浩(公明) 副委員長:杉田忠彦(市民ク)
議会基本条例制定に関する特別委員会(新規に設置)
委員長:桑畠健也(翔) 副委員長:荻野泰男(市民ク)
議会報・図書室委員会
委員長:高田昌彦(翔) 副委員長:西沢一郎(公明)

中村とおるは、議会運営委員会、建設水道常任委員会、議会基本条例制定に関する特別委員会に所属することになりました。

【その他】
議会内会派の分裂
● 市民クラブ(10人)が分裂し、自由民主党所沢市議団(3人)を結成。
● 民主党(5人)が分裂し、民主リベラルネット(3人+市民ネット1人)を結成。
● 現在の会派構成は以下の通り。
 市民クラブ(7人)
 日本共産党(6人)
 公明党(6人)
 会派「翔」(4人)
 民主リベラルネットの会(4人)
 自由民主党所沢市議団(3人)
 民主党(2人)
 共生(1人)
 会派「礎」(1人)