第二一般廃棄物最終処分場の選定過程について

6月定例会初日、改選後いち早く委員会を開催した市民環境常任委員長から「(仮称)第二一般廃棄物最終処分場」の選定過程についての報告がありました。

以下、その報告の内容です。

・必要面積5haの根拠、ごみ発生量及び処理量の見込み、資源化率の近況について
(担当部より) 平成9年度の一般廃棄物処理基本計画改定の際に、ごみ予測量25万立米、5haと決めた。市内から出る一般廃棄物の総ごみ量はほとんど横ばい状況、資源化の割合は約4分の1と年々再利用率が上がっている。
・資源化率が上がれば最終処分場に持ち込む量は減るのか。容器包装リサイクル法以外のプラスチックについてリサイクルをしているなどの自治体を把握しているか。
(担当部より) 廃プラスチックを焼却できるのであれば、当然埋め立て量も減ってくると予想される。プラスチックを熱エネルギー以外にリサイクルしている自治体は把握していない。
・サーマルリサイクルにおいて、焼却=リサイクルだという定義があるのか。廃プラスチックを焼却した場合と埋め立てた場合のコストの違いは。
(担当部より) 国の改正基本方針を見ると、発生抑制や再利用促進をしても残ったものは直接埋め立てを行わず、熱回収を行うことが適当となっており、部内で検討している。廃プラスチックを焼却すると、総体的に約2億数千万円の費用が削減できると考えている。
・最終処分場に持ち込む量が今後減っていく可能性があるということは、もっと小さな施設、あるいは、より長く使える施設となるのではないか。
(担当部より) 今後、一番新しい数値を使って実施するので、5ha、25万立米にはならないかもしれない。しかし、安定的な廃棄物の最終処分を考えると、ある程度の規模を確保し、長く使える処分場をという考え方もある。
・「(仮称)第二一般廃棄物最終処分場」に関する庁内連絡会議ついて
(担当部より) 財務部、市民経済部、まちづくり計画部、道路公園部、下水道部、農業委員会事務局、教育委員会等で構成されており、6月7日に第1回目の会議を予定している。地元の意向等も踏まえ、今年度中に候補地を選定したいと考えている。
・跡地利用や選定条件について
(担当部より) 跡地利用とは、山間であれば公園、平地であれば運動広場等をつくれるといった可能性のこと。平地型の施設利用となると、埋設物のある地盤に建物をつくることは難しくなり、どうしても総合グランドや屋外展示会場のような形になるのではないか。
これまで6か所を最終的に絞り、その中の1か所を断念したが、残りの5か所は検討委員会の経緯を踏まえているので、候補地として残っている。その5か所に跡地利用の条件と合う新たな候補地を4か所ぐらい加え、庁内で検討する。

Posted in 環境. Tags: , . 第二一般廃棄物最終処分場の選定過程について はコメントを受け付けていません。 »

東部クリーンセンター収集事務所(旧焼却施設)解体・改修工事の状況をチェックできます

東所沢和田三丁目にある東部クリーンセンター収集事務所の解体・改修工事の進捗状況がこちらでご覧になれます。

近くにお住まいの皆さんはぜひチェックしてみてください。

交通安全対策が進んでいます

【その1】
和田北公園の南東端にカーブミラーが設置されました。公園東側にマンションが建ち、見通しが悪くなったことから、設置要望が出ていたようです。

wadakita.JPG

【その2】
西新井交差点に右折信号が設置されました。片側車線の右折信号(航空公園→旧町)は既に整備されており、近隣にお住まいの方々からもう片側(旧町→航空公園)の設置要望が出ていた場所です。

e_arai.JPG

右折レーン&右折信号の設置は、渋滞や渋滞がもたらす排ガスによる温暖化抑制に効果的な施策です。今後とも積極的に推進してもらいたいものです。