平成20年第4回(12月)定例会報告【一般質問その3】

都市計画道路東京狭山線の整備進捗状況について

中村とおる:
都市計画道路東京狭山線の整備進捗状況、とりわけ、国道463号から東川までの松郷工区と、東所沢和田1丁目交差点から清瀬橋までの下安松工区の整備状況について質問する。

この件については、平成17年12月定例会、19年3月定例会でも質問したが、再度の質問となる。

(1)平成19年3月定例会での部長答弁は「松郷工区については平成20年度末の完成を目指したい。下安松工区については用地買収率85%であり、南側が急ながけ地となっていることから、道路構造の検討を進め、引き続き、用地買収に努めたい」とのことだったが、松郷工区・下安松工区のその後の整備進捗状況と今後は。特に、松郷工区については国道463号との交差点の道路構造と供用開始時期、下安松工区についてはがけ地の道路構造について詳しくお答えいただけたらと思う。

(2)下安松工区については、去る9月25日、安松小学校で事業説明会が開催され、私も参加させていただいたが、地元の方々から
・がけ地の道路構造について
・清流苑の出入り口となる新柳瀬橋との接道部分について
・市道1-218号線、1-106号線との接道について
・交通量の予測について
等々の質疑・要望があった。この説明会以降の地元や県との協議は。

(3)東京狭山線に関連し、市道1-715号線、通称「馬坂」の整備について伺う。平成19年3月定例会での部長答弁は「基本的な線形等につき地元合意が得られたので、20年度以降に着手していきたい」とのことだったが、その後の状況は。

道路公園部長:
(1)所管する川越県土整備事務所に確認したところ、松郷工区については、平成21年3月末の開通を目指して鋭意努力している。国道463号との交差点は立体交差で計画されているが、これが完成されるまでは側道を利用した平面交差として供用を開始していく。下安松工区については、用地買収率86%、今後とも用地買収に取り組みたい。がけ地の道路構造は当該地に適した最良の方法を引き続き検討中とのことだ。

(2)要望等については今後も地元と協議を進めていきたい。

(3)予定通り19年度に設計・測量を実施した。今後は、他の事業の進捗状況をみながら、平成23年度を目途に用地買収に着手し、順次進めていきたい。

コメントは受け付けていません。