平成18年第1回(3月)定例会報告【その5】

■ 生活習慣病の予防と国保財政の健全化について

(中村とおる)
国保中央会がまとめた「国保医療費の動向」によれば、平成16年度、全国の被保険者数は対前年度比1.1%増の5,163万3,000人、国保医療費の総額は3.1%増の18兆2,643億円。

所沢市の平成16年度決算では、総医療費356億5,430万円、保険者負担分は136億9,117万円。ここ数年、国民健康保険特別会計だけをとっても、一般会計から毎年20億円近くの繰り入れを行っている状況にある。

一方、総医療費の3割占め、死因の6割を超える、高血圧、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病予防対策が注目されている。

(1) 市は保険者として、国民健康保険の財政状況をどう認識しているのか。今後も厳しい運営が予想されるが、見解は。

(2) 国保被保険者を対象とした生活習慣病予防をはじめとする各種保健事業の充実・強化についてどう考えているのか。

(3) 今後展開されるであろう「国保ヘルスアップ事業」について、どう検討しているのか。

(市民経済部長)
(1) 厳しい状況にあり、歳入の確保は困難を極めている。4月からは医療報酬が引き下げとなることから、若干の改善はみられるのではないか。

(2) 被保険者に対して人間ドックの助成や生活習慣チェック表の発送を行っている。今後とも保健事業の充実・強化を検討する。

(3) 研究する。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください