パネルディスカッション「ローカルマニフェストが切り開く地域ガバナンス」

越谷中央市民会館で開かれたパネルディスカッション「ローカルマニフェストが切り開く地域ガバナンス―今、住民が力を発揮する時―」(パネラー:齋藤健 埼玉県副知事・枝野幸男 衆院議員・加藤秀樹 構想日本代表)に参加してきました。

「ローカルマニフェスト」をキーワードに自治体議会・行政のあり方について活発な議論が行われましたが、議会についての話題は聞いていて耳が痛くなるものも多々ありました。

私も、閉会のあいさつとして、分権時代における自治体議員・職員・住民の意識改革について発言させていただきました。

以下、パネラーの発言として、とくに強烈だったものを2つ。

(齋藤)
「今後、自治体は本当に厳しい時代を迎える。状況を見据えたマネージメントができない首長・議員はおそらく淘汰されていくだろう。」

(枝野)
「これからは人口が減るんです。ということは土地が余るんです。駄目な自治体からは引っ越せばいい。皆さん、引っ越しましょう。」

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください