市役所が使用する紙の削減について【令和4年第1回(3月)定例会 質疑及び一般質問(その6)】

近年、「働き方改革」「DXの推進」が叫ばれ、コロナ禍の影響もあり、民間においては「リモートワーク」もかなり進んでいる。

政府のみならず、本市を含む自治体はこうした取り組みの推進を民間にお願いしなくてはならない立場にあると思うのだが、「実際、所沢市役所では進んでいるのか」というと、劇的に変化しているという話は聞こえてこない。もちろん、全く着手していないわけではないが……。

こうした現状にあって、上述の施策に市役所も一生懸命取り組んでいるとPRでき、市民から「市役所の仕事のやり方も変わったな」と思っていただけるのが、紙の削減だと考えた。

質問にあたっては、事前の準備不足で、たとえば削減する紙の量を、市役所が排出する紙ゴミの量にするのか、それとも発注する紙の量とするのか等、詳細な検討を行っておらず、議場において詰め切ることができなかった。ただ、今後の市内のゴミ排出抑制策の一つとして、ゴミ有料化が検討されている以上、市役所自らが排出するゴミ量を大胆に減らしていく必要はあると考える。また、マチごとエコタウン推進計画においても紙類の「分別」「資源化」については、以下の通りの記述があるが、削減についての記述はない。働き方改革やDXの推進に合わせて、紙の使用を削減する取り組みについても計画的に行っていくべきと考える。


中村とおる:市役所が出す紙ゴミの量はどのくらいか。

環境クリーン部長:庁内古紙回収の数量では令和2年度実績で合計約100トンとなる。

中村とおる:経年でみると増加傾向にあるのか、減少傾向にあるのか。

環境クリーン部長:過去5年の傾向では、多少の増減はあるが、全体として約20トン削減しており、減少傾向だ。

中村とおる:市役所が出す紙ゴミに関して、マチごとエコタウン推進計画ではどう扱っているのか。

環境クリーン部長:重点実施計画において、市が自ら「ごみ分別を徹底するとともに、紙類の分別排出に努め、資源化を推進します」とうたっている。

中村とおる:市役所から出る紙ゴミを削減する方針・計画はあるのか。

環境クリーン部長:直接的な方針や計画は定めていないが、両面印刷や裏紙の利用、ペーパーレス会議の開催、配布物の削減等を推進し、各所属で工夫している。

中村とおる:消せる印刷で紙を再利用するコピー機やコンピューターを使った電子決済・文書管理システム等、新しい技術を使っても良いと思う。紙ゴミ削減のためにさらなる努力をすべきと考えるが、いかがか。

経営企画部長:各職場で取り組む従前からの削減努力に加え、近年では庁内グループウェアのアンケート機能や電子会議室の活用等を進めている。また、無線LANアクセスポイントの整備や庶務事務システムの導入によって様々な業務においてペーパーレス化が推進され、結果として紙ゴミの減量にもつながるものと期待している。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください