西所沢駅西口改札口開設事業について【令和4年第1回(3月)定例会 質疑及び一般質問(その5)】

西所沢駅に西口改札口開設を目指すことに決定してから約2年半が経過したが、進捗が思わしくない。令和2年度、令和3年度とも西所沢駅西口改札口開設事業負担金(5,700万円)を当初予算で計上するも、年度末の補正予算で同額を減額するという状況が続いている。

西武鉄道株式会社という相手方があり、同社との合意なしに事業を開始することができないことは重々理解しているが、予算案への計上は、当然、執行を前提とするものでなければならず、何年もこうした状態が続くことは好ましくない。


中村とおる:来年度当初予算にも同額が計上されているが、今年度の取り組みについて説明いただきたい。

市民部長:鉄道事業者と基本協定の締結に向けて協議を続けている。西所沢駅西口改札口開設期成会との面会や送迎車両用転回広場の修正設計を実施した。

中村とおる:同事業の本年度における成果と課題は何か。

市民部長:確たる成果は得られなかったが、引き続き協議は続ける。基本協定の締結に向けて両者(西武鉄道・所沢市)の合意が得られていないことが最も大きな課題だ。

中村とおる:令和3年度の施政方針では「西武鉄道との協議が難航している。(中略)令和3年度こそは鉄道事業者との協定を締結し、設計や関係機関との協議等を行う」とのことで、令和4年度は「鉄道事業者との1日も早い基本協定・基本設計協定をなんとしても締結し、設計や関係機関との協議等を行う」とのことだった。ほとんど変わらないことを仰っているが、秘策はあるのか。

市長:残念ながら秘策や奇策はない。引き続き協議を行う。

中村とおる:議案資料記載の通り、令和6年度に開設できるのか。

市長:厳しい状況だが、基本協定締結後、速やかに設計に入れば開設できると考える。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください