東所沢駅近くの市有地について【令和4年第1回(3月)定例会 質疑及び一般質問(その4)】

東所沢駅から100mほど南に進んだ場所にある市有地の利用については、平成29年9月定例会、令和元年6月定例会でも質問を行っている。(当該土地の詳細は、ここをご覧いただきたい。)当該土地は、令和2年10月より、シェアサイクル実証実験にともなうサイクルポート設置のため、産業経済部が管理することとなり、現在、一部がサイクリングステーションとして使用されている。


中村とおる:先に質問を行った令和元年6月定例会以降の利用状況について教えていただきたい。

産業経済部長:当該土地は令和2年11月30日よりサイクルステーションとして利用している。25台のラックが設置されており、市内でもっとも多い、のべ2,400回以上の利用となっている。

中村とおる:サイクルステーション以外の利用はどうか。

産業経済部長:産業経済部が所管となって以降、他の利用はない。

中村とおる:産業経済部が所管となる以前の利用はどうか。

財務部長:把握していない。

中村とおる:当該地について、先般の財務部長答弁は「売却を含め、歳入確保のために利活用することも大事だが、恵まれた立地であり、ところざわサクラタウンや観光情報物産館の開業を控えており、今後の状況の変化に対応した利活用について検討したい。貸し付けについては、原状回復が簡易で、期間を定められるものであれば、実施可能」というものだった。その後の検討はどうか。

産業経済部長:サイクルステーションの他、地元商店街やJR等と協働したマルシェの実施等、新たな賑わい拠点としての活用も検討してきたが、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、利用実績はない。今後も、地域や東所沢商店組合、所沢市観光・情報物産館YOT-TOKO等と利用方法について検討する。

中村とおる:利活用に関して結論を出したことは評価するが、立地の良さという利点を享受しつつ、継続的かつ日常的に当該土地を活用するためには、上下水道やトイレ、搬入路の確保等が必要となってくると考えるが、今後どうするのか。

産業経済部長:サイクルステーションの他、「東所沢エリアの賑わいを創出する場所」として活用したい。地域の皆さまや一緒に利活用していく皆さまのご意見・ご協力をいただきながら、必要な設備等も含め、より良い活用方法について検討していく。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください