2015 4年間の活動実績――主なものをご報告します!

【議会活動】

  • 市議会議長(第56代)に就任〔2011年5月〕
  • 議長交際費の執行状況を市議会ホームページ上に公開〔2011年5月〕
  • 前期より再三にわたり違法状態を指摘してきた臨時職員等に対するボーナス支給が改められる〔2011年9月〕
  • 政治倫理規程の条例化を提案〔2011年12月〕

⇒所沢市議会議員政治倫理条例が制定される。〔2011年12月〕

  • 市議会「政策討論会」開催に尽力〔2012年2月〕

※ 「これからのまちづくりを考える『議会から見た~地域経済の活性化と所沢ブランドの創造~』」をテーマに12人の議員による活発な討論会が行われる。当日は138名の方々にお越しいただく。

  • 議員定数のあり方に関する審議会を設置〔2012年5月〕

⇒知識経験者や市民代表から構成される審議会にて約1年間の議論を経た後、「議会活動の充実のために求められる議員定数は37人。当面の情勢下における議員定数は33人」との答申をいただき、現行の36人を「本則37人(ただし、当分の間33人)」とする定数条例の改正が行われる。〔2013年3月〕

  • 震災からの復興支援にともなう「議員報酬の特例に関する条例(削減率5%)」を提案 〔2013年9月〕

⇒本会議にて同僚議員から厳しい質疑を受けるも、可決・成立。

  • 歯科口腔保健の推進に関する条例の制定に尽力〔2014年3月〕

※ 所属する教育福祉常任委員会にて策定。今期唯一の議会からの政策条例。

  • 前期より再三にわたり違法状態を指摘してきた非常勤特別職に対する報酬の支給方法が改められる〔2015年3月〕
  • 予算特別委員長に就任〔2015年3月〕

※ 住民投票執行直後の難しい委員会運営に尽力。

地域の皆さんの関心が高い「都営大江戸線の東所沢までの延伸」「県道東京・狭山線の 整備進捗状況」については、質問を行うことができない市議会議長在任時を除き、毎年のように質問。

他、道路整備、交通安全対策、市民相談等多数!

【その他の活動】

  • 所沢市議会史上初の埼玉県市議会議長会会長に就任 〔2012年4月〕

※ 国への意見書の取りまとめ、県主催行事への参加、役員会の開催などを行う。

  • 2度目(計3年間)の監査委員として所沢市の監査業務に従事〔2012年6月〕
  • 埼玉西部消防組合議会議員に就任〔2014年4月〕

※ 所沢・狭山・入間・飯能・日高の5市により構成される消防行政を共同で行う組織。法律上、構成市とは別の地方公共団体であり、独自の議会をもつ。議員定数16人。所沢市からは6人の議員が選出されている。

  • 所沢浄化センター跡地への株式会社KADOKAWA誘致に尽力〔2014年6月〕
  • 都営大江戸線の東所沢駅への延伸について、駅周辺 8自治会長、地元選出国会・市議会議員とともに国土交通大臣へ直接要望〔2015年1月〕
  • 自治体学会、東京財団、ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟等で講義

※ 主に所沢市議会における議会改革の取り組みについて発表。

コメントを残す