就学に係る保育園・幼稚園と小学校の連携について【平成25年12月定例会 一般質問より】

毎年、就学時健康診断がはじまる時期になると、来年度小学校に入学するお子さんをもつご家族や保育園・幼稚園関係者から就学に関するご意見・ご相談をいただきます。相談内容は様々ですが、今回次のようなご意見をいただきました。

「小学校の就学時健診と幼稚園の遠方への全園児遠足が重なってしまい、幼稚園は遠足場所を近場に変更。健診を受ける園児は遠足を途中で切り上げた。指定された日に健診を受けられない場合は自分で病院を回らなくてはならないようだが、兄弟の予定などもあり、病院を回ることは難しい。楽しみにしていた遠足だったのに全行程参加できず、非常に残念」というものでした。

当然、就学するお子さんをもつご家族にはあらかじめ健診日が通知されていますし、日程を必ずしもすべての保育園・幼稚園と調整する必要はないと考えますが、健診日を原則1日しか設定していない現状は兄弟や仕事をもつご家族にとって多少酷ではないかとも考えられます。市として「もう少し」配慮があって良いのではないでしょうか。

こうした観点から、質問では健診日を複数設けることや小学校と保育園・幼稚園との連携について市の見解を質しました。

担当部長の答弁は「健診は平日の午後1日で行っていることから、保護者の都合のつかない場合や園の行事と重なって受診できないお子さんがいることは認識しており、未受診者が受診できるように予備日を設けることを検討している。実施日時についても、26年度以降、なるべく早い時期に市内外の保育園・幼稚園にお知らせできるように進めていく」というものでした。

健診に限らず、たとえば不審者情報や災害情報など、教育委員会が得たあるいは発信した情報を未就学児が通園している保育園・幼稚園と共有することは有益と考えます。市内にある保育園・幼稚園はもちろんのこと、市外であっても市民が通園している保育園・幼稚園ともさらなる情報の共有や連携した対応を図る必要があると考えます。

コメントを残す