市道1-715号線(通称:馬坂)の拡幅工事は来年3月に完成【12月定例会一般質問】

市道1-715号線(通称:馬坂)の拡幅は、初当選時より解決に努力してきた地元懸案事項の一つだ。工事完成間近であり、今回は「締め括り」の意味を込めて質問にとり上げた。以下、質問概要をご覧いただきたい。


拡幅工事中の馬坂中村とおる:市道1-715号線(通称:馬坂)の拡幅は、長年に渡る地元の懸案事項であり、都市計画道路東京狭山線下安松工区の整備と併せ、初当選した今から18年前、平成15年から機会あるごとに本会議・委員会において質疑・質問にとりあげ、職員の皆さんと議論を重ねてきた。本会議録を検索したところでは、計8回、(高橋晴夫道路公園部長、中隆道路公園部長、神田博道路公園部長、沖本稔建設部長、高橋巳喜次建設部長、溝井久男建設部長、嶋村照明建設部長の)7名の部長に答弁をいただいた。

平成9年に地元自治会より拡幅要望が提出され、関係者との協議を経て、平成23年度より用地買収が始まり、昨年度より本格的な拡幅工事が行われている。先月24日からは全面通行止となり、今年度をもって工事が終了すると伺っているが、工事概要や完成時期(いつから使えるのか)等について改めてご説明いただきたい。

肥沼建設部長:令和4年3月に完成予定。高低差に対応する大型の擁壁を整備するために既存の道路を削らなければならず、全面通行止となった。今回の工事が完成すると、全線において拡幅工事が完成することになる。

中村とおる:先月、当該路線の工事開始を知らせる看板を実際にみたときには、感慨深いものがあった。かつて、拡幅がなかなか進まないことに対してお叱りをいただいたこともあったし、逆に、拡幅に反対の方が我が家に来られ、滔々と持論を展開していかれたこともあった。私が小さいころ、馬坂は舗装もされていない砂利道で、雨の降った後など、空荷のトラックが後輪を空回りさせて立ち往生することもよくあった。鬱蒼とした斜面林を曲がりながら通る見通しが悪い道なので、小さな事故や運転手同士による小競り合いも絶えなかった。毎年のように下半身を露出した不審者が現れた時期もあって、「夜、女性がひとりで歩けない」と言われたこともあった。

一方、子ども心には、木々がつくり出す緑のトンネルと、その周囲にあった地元の講が管理する三峰山と榛名山の小さな社が自然の神秘を感じさせ、通るたびに「その先には違う世界があるのではないか」と思わせる不思議な道でもあった。

余計な話をさせていただいたが、私が議員となってからは、同路線について何かことが起こると、関係職員の皆さんは、現場に赴き、地元にも私にも真剣・丁寧に対応して下さった。工事のお知らせ看板を見て、改めて「行政は、時間はかかるが、言ったことは必ずやり遂げる」ということを実感した次第だ。

唯一の心残りは、私が議員になる以前、同路線拡幅のためにご尽力された諸星義助元議員と、長年にわたり下安松町内会の会長を務められ、拡幅用地唯一の実質的地権者であった中村博氏さんに整備されたきれいな馬坂を自らの足で歩いていただくことが叶わなかったことだ。

質問に入るが、馬坂を下るとグリーンヒルという静かな住宅街がある。整備が完了すれば、当然、ここに今よりも多くの車両が流入することになる。そのため、平成21年12月定例会の部長答弁通り、坂の整備と併せ、グリーンヒル中央通りに安全対策を講ずることになっていたと思うが、この経緯と今後について伺う。

肥沼建設部長:平成18年に地元自治会より要望書をいただいているが、それから10年以上経過していることもあり、庁内関係部署と調整し、あらためて地域の皆さまと協議を進めていく。


基地対策協議会(10月27日)

10月27日、基地対策協議会に出席した。同協議会は1968年に発足。市内各界からの代表者及び市・市議会の代表者から構成され、基地返還運動の中心的役割を担っている歴史ある組織だ。市議会からは代表として議員6人が出席しており、本年6月、久しぶりに同協議会の委員となった。おそらく、10年前、議長在任時以来の委員就任だと思う(議長は同協議会の参与となるため)。

基地返還は昨年供用開始された東西連絡道路をはじめ、第4次までが実現している。もちろん全面返還が最終目的だが、現在、以下の事項(場所)について、とくに返還の要請を行っているようだ。

  • 所沢通信基地における土砂たい積場所を含む未利用地の返還
  • 文教通り線拡幅用地の返還(S51~)
  • 日米共同スポーツ広場用地の解放(S54~)

詳細は、所沢市「米軍所沢通信基地について」をご覧いただきたいが、文教通り線拡幅用地の返還と日米共同スポーツ広場用地の解放については当時の時代状況をもとにつくられた要望であり、個人的には現状からの精査が必要と考える。

当日の会議では、新型コロナウイルス感染拡大の影響により委員交代後初めての対面による開催となったこともあり、様々な意見が出された。協議会の活動には、

  • 北関東防衛局をはじめ関係各署に返還要望を行う
  • 基地の存在と返還運動の啓発
  • 基地の現状(動き)の確認

等があると思うが、上述の理由から議論としてはごちゃごちゃになっている印象を受けた。致し方ないとは思うが。

私からは、闇雲に返還運動を行うのではなく、まずは、東西連絡道路用地が返還された経緯(国の状況、返還運動の詳細等)をしっかり検証し、今後の運動方針を定めるべきと発言させていただいた。

あらためて協議会の委員となり感じた課題は、以下のようなことだ。

  • 返還運動には長い歴史と伝統があるだけに、大きなきっかけ無しに、返還要望を変更することが難しい
  • 協議会単体として、返還要望はできるが、返還に係るまちづくり(たとえば、返還された用地をどう活用するのか等)を議論しずらい
  • 実際に返還が実現した場合、その利用には多額の予算が必要となるが、協議会として予算に関わることが難しい(そもそもの財政難もある)

といったところだろうか。

じつは、こうした課題を解決するために市及び市議会から選出されている委員の果たす役割は非常に大きい。なぜなら、市全体のまちづくりと予算にも関わることができるからだ。こうしたことを考え、委員として発言していくつもりだ。

平成31年所沢市議会議員一般選挙を終えて(雑感)

  • 【感謝】まずもって選挙期間中の活動をお支えいただいたすべての方々に感謝申し上げたい。仕事や余暇を犠牲にしてご協力いただいた方も多数いらした。選挙は一人では戦えない。皆さまのお支えがあって活動することができた。
  • 【得票数】2,927票。前回より400票ほど減ってしまったが、当選順位は13位から11位と上昇した。地域を同じくする、あるいは地域に所縁ある新人候補者が多く、大変厳しい選挙だった。地元投票所の一つが慈光幼稚園(新校舎建設中)から安松保育園へと変更された。利用者以外の方にはあまり馴染みのない施設であり、駐車場も少なく、地理的にも不便なところにある。こうしたことも得票数に影響しているかもしれない。しかし、大きな組織・団体からまとまった支援が得られず、のぼり旗に自分の名前を書くことすらできない純粋無所属としては、健闘できたのではないかと考える。
  • 【投票率】投票率は前回の39.76%からさらに引き下がって39.71%となった。詳細を確認していないが、過去最低の投票率だろう。18歳から選挙権が与えられた初の市議選であり、前回に比べ、投票総数は増加していると考えられるが、投票率の向上という観点からは引き続き課題を残した選挙であった。また、高齢化の進展と投票率には正の相関があるとも考えられ、何もしなければ(何も変わらなけば)投票率は漸減すると思われる。議会においては、ここ数年、総務常任委員会を中心に期日前投票所の増設を執行部に対して提案してきたが、実現することはなかった。誠に残念だ
  • 【政党化】前回もそうだったが、政党の公認・推薦を受ける候補者が増加している。私が初当選した16年前は、多くの議員が無所属であった。議員は地域の代表あるいは具体的な課題を解決したい市民運動の代表という側面が強く、その代表性を担保するために無所属で立候補した方が多かったからだ。(今でも首長選挙において政党公認を受ける候補者が少ないのはこうした理由からだと思われる。)しかし、現在では、地域の力あるいは市民運動の力が弱まったからか、政党のカンバンに頼る選挙となっている。私自身、無所属での選挙は大変厳しいが、議会活動において政党に所属する必要性を感じたことはないし、そもそも国とは異なる観点から地域の抱える課題を解決しなければならない地方政治において、議員の政党化を歓迎すべきものとは考えていない。今後も政党の代表ではなく市民の代表として、市民本位・政策本位で発言・判断していくつもりだ。
  • 【手応え】5回の選挙戦を戦ってきたが、一番手応えのある選挙だった。前回のように無所属を理由として「選択肢から外される」印象もなかった。当初、街頭演説を中心とした選挙活動を考えていたが、演説中に今回の選挙から配布可能となった法定ビラを上手く捌くことができず、まちを歩き、出会った人一人ひとりにビラを読んで判断いただくようお願いする戦術に切り替えた。これによって票を伸ばすことができたかどうかは判断できないが、市民のみなさん一人ひとりと双方向のコミュニケーションを図ることができ、市政についても貴重なご意見を多数いただいた。サクラタウンの現場付近では、工事概要について説明することもあった。
  • 【法定ビラ・選挙公報】双方とも紙面に限界はあるが、政策についてできるだけ具体的に伝えられるよう努力した。法定ビラには「何をしたいか」だけでなく「何をしてきたか」も書くべきであったが、準備不足で書くことができなかった。もう少し工夫の余地があった。
  • 【公約】選挙戦に入る前から学童クラブの過密化解消を公約の第一に掲げると決めていた。この問題には今までも一生懸命取り組んできたし、現状を知れば、絶対に何とかしなくてはならないと市民全体が思うはずと考えたからだ。利用者が限られる施設でもあり、街頭演説での反応はイマイチであったが、期間を通じて訴え続けた。その他、ブログにも書かせていただいたが、転換期にある東所沢のまちづくり(産業と自然豊かな住環境の調和)、関係市と連携した秋津駅を中心としたまちづくり(先ずはスタートさせよう)、市民参加の充実(パブリックコメント、住民投票制度)等を訴えた。どの課題についても新たな任期を無駄にすることなく、皆さまとともにに取り組んでいきたい。
  • 【予算常任委員会】先の定例会最終日、自由民主党以外の会派の賛同を得て、予算常任委員会を設置するための委員会条例改正案を提出し、可決された。今後の予算審査は、補正予算も含め、全て12名からなる予算常任委員会で行われることになる。審査時間等細部の調整はこれからだが、予算審査の充実を目指した改革の集大成であり、慎重に進めていきたい。
  • 【その他】期間中に祖母が亡くなったり、松郷工業団地内で火災があり消防団員として消化活動に従事する等、本当にいろいろなことが起こった選挙戦だった。